わざわざ海外で英語を学ぶ意味?


今の時代、

正直わざわざ海外に

行かなくても、


英語は話せるようになる。



オンライン教室も豊富だし、

ネット上で沢山のことを学べる。



それなのに

わざわざ海外に行く意味、

何でしょうか?



それは


<<英語を話せる=英語を使いこなせる>>


わけではないから。









英語を話せても、

しっかり英語で

意思表現が出来るか、

自分の想いを伝えれるか、

そこはまた別問題。




外資系の通訳として働きながら、

多くの日本人の英語力を見てきて気づいたこと。



日本で独学などで英語を学んだ人は、

英語の知識や基礎はものすごくあるのに、


外国の方を

いざ目の前にすると、

固まってしまう。。。


頭が真っ白になってしまうのか、

上手く伝えれない。



きっとそれは

知識は豊富に取り入れたけれど、


実際に使う場面がなく、

格段に”話す”練習量が足りていないから。



海外に住めば、

嫌でも毎日英語を使い、

嫌でも練習量は増え、


落ち込むことも

めちゃくちゃ多いけれど、

その分度胸もつく。



海外生活は

めちゃくちゃメンタルも鍛えられます。



そして、

現地での文化を学びながら

英語を学ぶことで、


タブーなこと、

面白い話し方、

ジョークの伝え方、

反対意見の上手な伝え方、

などなど、


英語という言語だけでは

理解しにくいところまで

しっかりと習得していける!



だからこそ、

英語をどうせ学ぶなら、

絶対に海外に出て学んだ方が良い。




こんな世の中だからこそ、


”いざとなれば海外でも住んでいける”


という選択肢、欲しくないですか?




現地で学べることって、

本当に予想以上に多くて、

留学したことを

後悔することはないはず!




まずは

無料カウンセリングやご相談から↓