カナダに長期滞在する方法 ①


ワーホリは1年間という期限付きのビザ。


でも、もっと長期で滞在したい方は年々増加傾向にあります。



ワーホリで滞在してみて、

”やっぱりもう少しここに住んでいたい!”

と思う方もいれば、


渡航前から

長期滞在希望の方や

永住権取得を目指す方もいます。



でも、

どうやったら長期で滞在できるの??





今日は、まず1つ目をご紹介。



現地のカレッジに入学→PGWP取得



カレッジとは日本でいう短大や専門学校。

専門的な分野を通常2年ほどで学べる学校です。



カナダには

Designated learning institutions(通称DLIs)

というリストがあります。



これは国や州から留学生の受け入れを

許可されている学校のリストです。



学生ビザを取得し、

カナダに渡航する場合は、

このリストに掲載されている学校に通う必要があります。



カレッジ卒業後は

”Post-graduation work permit”(通称PGWP)

という就労ビザを取得します。



PGWPビザの期間は、

学校に通った期間によって変わります。



2年以上のコースへ通った場合は

基本的に3年間のビザが取得可能です。



これについては、

また別途詳しくご紹介します。




このPGWPビザは

”オープンワークパミット”と言われる

就職先に縛りのないビザです。



そのため卒業後に

まずビザを取得し、

その後就職活動を進めることが可能です。



ただ気をつけてほしいのは、

このPGWPビザが取得できる学校は

限られているということ。


先ほど説明した

”Designated learning institutions”

リストに載っていればどこの学校でも良いわけではありません。



その中でもPGWP取得が可能な学校を選ばなければいけないのです。



ではどんな学校がPGWP取得対象なのか?


ほとんどは公立のカレッジです。




この方法でカナダへ渡航する場合、



(英語力によっては語学学校)

      ↓

    カレッジ進学

      ↓

   PGWPビザ取得

      ↓

    カナダ就職



という流れとなります。





公立カレッジの難点は”高額な学費”です。



おおよそ年間15,000ドル(約150万円)と、

学費だけで大きな金額となってしまいます。



通学中も現地でバイト可能ではありますが、

生活費などを考えると費用は大きいです。





 

まとめ


予算に余裕があり、

確実な長期滞在と、

将来的に永住権取得も視野に入れている方は、

公立カレッジ入学→PGWP取得がオススメ。



 


次回は

もう少し費用を抑えながら

長期滞在を目指す方法をご紹介します!




●お問合せ・ご相談は何度でも無料です●

   お気軽にご連絡ください↓