ワーホリする国、どうやって決める?


ワーキングホリデーという

プログラムを知り、


まず始めに考えることは

”どこの国に行こう?” ですよね。



ワーホリと言えば、


①オーストラリア

②カナダ

③ニュージーランド

④イギリス


この4ヵ国が代表です!




ただ、この4ヵ国以外にも、


・韓国

・台湾

・ドイツ

・フランス

・アイルランド

・スペイン

・デンマーク

・ノルウェー

・スウェーデン

・スロバキア

・チェコ

・アルゼンチン


などなど、沢山の国と協定を結んでいます。



今日は代表格の中でも大人気な2カ国に絞って

選ぶ基準となる情報を見ていきたいと思います。




 


①オーストラリア




英語


イギリス英語ベース

オーストラリア独特の発音が特徴的

アメリカ英語で育った日本人は慣れるまで少し時間がかかるかも?



治安


比較的良好◯(2021年世界平和度指数16位)

スリ・置き引き・ひったくりなどに注意

手荷物に対する意識は高く持つことが必要



物価


高い

日本より平均12.5%高い

一人暮らしの平均コスト125,000円(家賃含まず)



時給


基本時給 20.33ドル(2022年4月現在)



気候


暑さや紫外線がきつい

地域によって気候に差がある

夏が好きな人にはオススメ



ビザ


取得しやすい

年間受け入れ人数:約1万人

規定を満たせば3年まで延長可能


 

②カナダ




英語


アメリカ英語

訛りが少なく聞き取りやすい英語

移民が多いためアクセントがある人が多い



治安


比較的良好◯(2021年世界平和度指数10位)

スリ・置き引き・ひったくりなどに注意

手荷物に対する意識は高く持つことが必要



物価


高い

日本より平均4.4%高い

一人暮らしの平均コスト120,000円(家賃含まず)



時給


基本時給 (2022年4月現在)

オンタリオ州(トロント)15ドル

ブリティッシュコロンビア州(バンクーバー)15.20ドル



気候


東海岸(トロント)は寒さが厳しく冬が長い

西海岸(バンクーバー)は年間通して比較的過ごしやすいが雨が多い



ビザ


取得しやすい

年間受け入れ人数:約6,500人

延長不可


 


ざっと各国の特徴を挙げましたが、

どこに行こうか迷っている…という方は

まずはエージェントと相談し、

”自分が生活している姿が想像できる国”を

じっくり選んでいきましょう〜♪








●お問合せ・ご相談は何度でも無料です●

   お気軽にご連絡ください↓