カナダに長期滞在する方法②


先日は

カナダの公立カレッジ→PGWP取得

という長期滞在方法をご紹介しました。



今回はもう少し低予算で可能な

長期滞在方法をご紹介します!







ワーキングホリデー滞在→学生ビザに切り替え



ビザを切り替えることで長期滞在を可能にします。


ご存知のように、

ワーホリビザは1年限り。



そのため、1年以上滞在したい方は、

ビザの切り替えを視野に入れていきます。



学生ビザに切り替える場合、


国や州から留学生の受け入れを

許可されている学校リスト


Designated learning institutions(通称DLIs)


に載っている学校に入学します。



フルタイムプログラムを半年以上受講する場合は、

基本的に就労許可も学生ビザと併せて取得が可能です。



前回は公立カレッジをご紹介しましたが、

もう少し低予算で通える学校として

”キャリアカレッジ”と言われる私立校があります。



キャリアカレッジも

専門学校となり、


ホスピタリティーやビジネスマーケティング、ITなど、

様々な分野のプログラムがあります。



そしてこの私立校は

公立校に比べると、通学期間が短く、学費も安い。



そのため、

とりあえずワーホリで来たけれど、


・日本にまだ帰りたくない

・もっと長期で滞在したい

・よりネイティブな環境で英語を学びたい


など、

ワーホリ後に長期滞在を目指す方に人気です。




また、ワーホリ中に働きながら、

カレッジに向けた資金を貯めることが出来るので、

金銭面でも少し余裕が出来ます◎




カレッジも沢山あり、

またプログラムも多くあるので、

ワーホリ後にCO-OP留学も可能となります。


(COOP留学は益々人気が高まっていますが、また別途ご紹介します!)




このキャリアカレッジの難点としては、

カナダ現地の生徒さんが少なく、

語学学校のように留学生が多いところ。



現地学生との生活を強く望む人には

お勧め出来ません。





    この場合、流れとしては


  日本でワーホリビザを取得し渡航

        ↓

カナダ滞在中にカレッジ&学生ビザ申請

        ↓

      学生ビザ取得

        ↓

     学生生活スタート!





 

まとめ


低予算かつ現地でも資金を得ながら

カナダで学生生活を送りたい方にオススメ。


ワーホリ中に


”長期滞在したい”


と思った場合もこの方法で対応可能。



難点はカレッジと言えど、

留学生の多い環境になること。


 




●お問合せ・ご相談は何度でも無料です●

   お気軽にご連絡ください↓